循環器デバイス関連カンファレンス 定款

平成2331日 制定

平成27713日 改定

 

 

第1章 総則

(名称)

第1条 本会は、循環器デバイス関連カンファレンスと称し、英文ではCirculatory organs Device Relation Conference (CDRC) と表記する。

 

(事務所)

第2条 本会は、主たる事務所を東京都港区三田1-4-3 国際医療福祉大学 三田病院内に置く。

 

 

第2章 目的及び事業

(目的)

第3条 本会は、主に下記の項目を目的とし、循環器領域における臨床工学技士の技術及び知識の向上に努め、連帯交流を深めることで本領域の発展に寄与することとする。

(1)    循環器領域における臨床工学技士の地位の向上

(2)    循環器領域における臨床工学技士の技術提供能力の向上

(3)    循環器領域における臨床工学技士の知識の向上

(4)    循環器領域における臨床工学技士の情報収集能力の向上

(5)    循環器領域における臨床工学技士の倫理性の向上

(6)    循環器領域における臨床工学技士が他職種との連携を深めることによる循環器医療の向上

 

(事業)

第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1)    循環器領域における医療機器に関する情報交換、意見交換を行う場を提供する

(2)    学術集会の実施

(3)    その他、本会の目的を達成するために必要な事業

 

 

第3章 会員

(会員の種別)

第5条 本会の会員は次の3種から構成される。

(1)    本会の事業に賛同して集会に参加する臨床工学技士等の個人

(2)    本会、世話人会が会員として承認する個人

(3)    本会の事業に賛同して、事業を援助する個人及び団体

 

(入会)

第6条 本会への参加は、集会時の参加費等の納入をもって申し込みとする。

 

 

第4章 世話人

(役員の設置)

第7条 本会は次の役員を置く。

(1)     代表世話人  1名

(2)     副代表世話人 2名

(3)     事務局長   1名

(4)     世話人    3名以上20名以内

 (5) 会計     3名

(5)     監事     1名

本会は、代表世話人をもって代表理事とする。また、理事を世話人と称す。

 

(世話人の選任)

第8条 世話人は本会発起時の世話人を基とし、世話人の推薦により世話人会の決議を経て決定する。

1.代表世話人は、世話人の中から世話人会の決議を経て選出する。

2.副代表世話人、事務局長及び監事は、世話人の中から代表世話人の推薦に基づき、世話人会の決議を経て選出する。

 

(世話人、代表世話人の職務及び権限)

第9条 世話人は、世話人会を構成し、法令及びこの定款の定めるところにより職務を遂行する。

1.代表世話人は、法令及びこの定款で定めるところにより、本会を代表しその業務を執行する。

2.代表世話人に事故があるとき、又は代表世話人が欠けたときは、副代表世話人がその職務を代理し、職務を行う。

 

 

 

(監事の職務及び権限)

第10条 監事は、以下に定める業務を行い法令で定めるところにより、監査報告を作成する。

(1)     本会の財産の状況を監査すること。

(2)     世話人の業務執行の状況を監査すること。

(3)     財産の状況又は業務の執行について不正の事実を発見した時は、これを世話人会に報告すること。

2.監事は、いつでも世話人会及び事務局に対して事業の報告を求め、本会の業務及び財産の状況の調査をすることができる。

 

(役員の任期)

第11条 役員の任期は3年とする。

2.再任については、引き続き再任を妨げない。

 

(報酬等)

第12条 世話人及び監事は、無報酬とする。

 

 

第5章 世話人会

(構成)

第13条 本会に世話人会を置く。

世話人会は、全ての世話人をもって構成する。

 

(権限)

第14条 世話人会は、次の職務を行う。

(1)     本会の業務執行の決定

(2)     世話人の職務の執行の監督

 

(種類及び開催)

第15条 世話人会は、通常世話人会及び臨時世話人会の2種とする。

1.通常世話人会は、毎年1回以上開催する。

2.臨時世話人会は、次の各号のいずれかに該当する場合は開催する。

(1)     代表世話人が必要と認めたとき

(2)     代表世話人以外の世話人から会議の目的である事項を記載した書面をもって代表世話人に招集の請求があったとき

(3)     監事から代表世話人に招集の請求があったとき、又は監事が招集したとき

 

(招集)

第16条 世話人会は、代表世話人が招集する。ただし、前条第3項第2号により理事が招集する場合及び前条第3項第3号後段により監事が招集する場合を除く。

1.代表世話人が欠けたとき又は代表世話人に事故があるときは、副代表世話人が世話人会を招集する。

2.代表世話人は、前条第3項第2号又は第3号前段に該当する場合は、その請求があった日から2週間以内に臨時世話人会を招集しなければならない。

 

(議長)

第17条 世話人会の議長は、代表世話人がこれに当たる。

 

(定足数及び決議)

第18条 

1.世話人会の決議は、決議に加わることのできる世話人の過半数が出席し、その過半数をもって行う。

2.世話人会に出席できなかった世話人は、書面または口頭により委任の意思を示すことによって、世話人会への出席及び決議に参加したものとみなす。

 

(議事録)

第19条 

1.世話人会の議事については、議事録を作成する。

2.事務局は議事録の保存を行う。

 

 

第7章 学術集会及び委員会

(学術集会)

第20条 

1.本会は、毎年学術集会を開催する。

2.学術集会の運営は、世話人会がこれを学術集会会長に委託する。

3.学術集会の規定は、別に定める。

 

(委員会)

第21条 

1.本会には、必要に応じて委員会を置くことができる。

2.委員会の規定は、別に定める。

 

 

第8章 資産及び会計

(資産の構成)

第22条 本会の資産は次のとおりとする。

(1)     参加費

(2)     資産から生じる収入

(3)     事業に伴う収入

(4)     寄付金品

(5)     その他の収入

 

(資産の管理)

第23条 本会の資産は事務局が管理し、世話人会の決議を経て確実な方法により、事務局が保管する。

 

(事業年度)

第24条 本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

 

(事業報告及び決算)

第25条 本会の事業報告及び決算については、毎事業年度終了後、代表世話人が事業報告及び決算報告を作成し、監事の監査を受けた上で、世話人会の承認を受けなければならない。

 

(会計原則)

第26条 本会の会計は、一般に公正妥当と認められる公益法人の会計の慣行に従うものとする。

 

 

第9章 定款の変更及び解散

(定款の変更)

第27条 この定款は、世話人会の決議によって変更することができる。

 

(解散)

第28条 本会は、世話人会の決議より解散する。

 

 

第10章 事務局

(設置等)

第29条 

1.本会の事務を処理するため、事務局を設置する。

2.事務局には、事務局長及び所要の職員を置く。

3.事務局の組織及び運営に関し必要な事項は理事会の議決により、別に定める。

 

(備付け帳簿及び書類)

第30条 

1.主たる事務所には、次に掲げる帳簿及び書類を備えておかなければならない。

(1)   定款

(2)   世話人及び監事の名簿

(3)   世話人会の議事に関する書類

(4)   事業報告書及び決算報告書等

(5)   監査報告書

 

2.書類の保管年数に関しては、それぞれ決められた期間内保管することとする。

 

 

第11章 情報公開及び個人情報の保護

(情報公開)

第31条 

1.本会は、公正で開かれた活動を推進するため、その活動状況、運営内容、財務資料等を必要に応じて公開するものとする。

2.情報公開に関する必要な事項は、世話人会の議決により決定する。

 

(個人情報の保護)

第32条 本会は、業務上知り得た個人情報の保護に万全を期するものとする。

 

 

第12章 補則

(規程外事項)

第33条 この定款に定めるもののほか、本会の運営に必要な事項は、世話人会の議決により別に定める。

 

(細則)

第34条 この定款の施行についての細則は、世話人会の議決を経て別に定める。

 

 

第13章 附則

(発効)

第35条 この定款は、平成2331日より発効する。

     この定款は平成277月13日より改定する。

 

第36条 本会の役員、役職は、次のとおりとする。

中川 孝太郎(横浜栄共済病院):代表

大谷 太一(横浜市立市民病院):副代表
大友 憲昭(南町田病院):副代表

佐藤 武志(国際医療福祉大学三田病院):事務局長 

鈴木 完(昭和大学江東豊洲病院):会計

島崎 寿明(横浜旭中央総合病院):広報担当
黒川 和人(横須賀うわまち病院):監事

笹岡 俊介(済生会横浜市東部病院):監事

小島 優(東海大学医学部付属病院):会計
島峰 徹也(横浜市大附属市民総合医療センター)

森下 達雄(横須賀共済病院)

縮 友和 (川﨑幸病院)

官野 高明(横浜総合病院)

井上 知 (相模原共同病院)


 

平成27713日 第1回改定

以上

  デバカンマーク

 

 

アクセスカウンター
宝石買取ブランド買取サーチジュエリーファン

デバカンホームページへ再び訪れたいとき、URLがわからない場合はには

「デバカン」

で検索して下さい。

メーリングリストに登録しませんか?

メリングリストにてデバカンの情報や植込みデバイスに関連する情報を提供いたします。

下記にメールドレスを入れて参加を押してください。

その後返信されたメールにて手続き完了となります。

 

 

更新記録

平成27年10月15日

第10回開催案内の更新

参加申込みを開始しました